伝染るんです。が、好きなんです。

ぷりぷり県

ぷりぷり県』(ぷりぷりけん)は、吉田戦車による漫画、および作中に登場する架空の県。1995年から1998年まで『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された。単行本は全5巻(小学館)。

就職のために「ぷりぷり県」から上京してきた青年つとむが他県出身者とのお国自慢で競い合うギャグ漫画。特にぷりぷり県の風土・文化・風習は奇抜である。

なお、ぷりぷり県は作中の架空の地名であり、作品自体も架空の雑誌『地方ふぁん』より転載した「県まんが」という形をとっている。

原則として登場人物は 全て、苗字ではなく下の名前でしか呼ばれず、会社名なども下の名前から取られている。

名作漫画特集

登場人物

大半が出身地にちなんだ突飛な行動を取る。

つとむ
当作品の主人公。ぷりぷり県から上京し、東京の五郎商事に入社。いつも県ずきんを頭にかぶっている。入社当時は出身県を他人に言うのを嫌がっていたが、次第に郷土愛が表に出るようになり、他の都道府県にライバル心を燃やすようになる。かんしゃく持ちですぐ人の頭を叩き、すぐ泣く。他県の名産品への嫉妬心が強い。あまりに他県への攻撃性が強いため、落第して「入社一年目」をもう一年やるハメになりかけたことも。五郎商事では企画営業資材管理部に所属。後に同僚のよし子と結婚し、ぷりぷり県支社に転勤する。最終話(十数年後)では東京に単身赴任していた。
よし子
つとむの同僚の先輩OL。埼玉県出身。後につとむと結婚し、ぷりぷり県民になる。
とむよし
つとむとよし子の子供。最終話に登場。
麦次郎
よし子の祖父。名前に「む」が付くため、イサム本部長に一方的に気に入られる。後に『殴るぞ』にも登場。
千代
よし子の友人のOL。山口県出身。バレンタインデーにはフグの刺身やヒレなどを配る。
イサム本部長
つとむの上司。千葉県出身。「む」にこだわりがあり、名前に「む」の付くつとむ、麦次郎を可愛がる。季節の変わり目は少女のように気まぐれになる。「ズサム」と「ゲサム」という息子がいる。息子たちはその珍奇な名前のためグレていたが、つとむの説得により改心。
アキラ係長
つとむの上司。東京都出身。頭が薄い。わりと常識人。つとむやその家族から、ぷりぷり県の風習に翻弄される事が多い。ぷりぷり県に出張して衝撃を受ける。
静夫部長
静岡県出身。普段は真面目で温厚な人物だが、うなぎパイを食べるとセクハラをしたくなり、女子社員の代わりに金魚にセクハラする他、静岡名物に触れると逆上することがある。
良太郎副係長
兵庫県出身。定年間際で、宝塚ファン。宝塚に入団出来なかったため不良窓際族になったり「哀愁」を表に出したりと、たびたび性格が変わる。
賢治人事部長
岩手県出身。つとむに「入社一年目」をもう一度やることになると警告し、その免除のための試練を与える。
ミチル
ぷりぷり県で育ったつとむの同期で、エリートコースを歩んでいる。本人はぷりぷり県人だと自覚しているが、両親は東京都出身で激しくぷりぷり県の事を嫌っている。
ジョー
つとむの同期。秋田県出身。実家は豪農。ハウスキーパーのなまはげ(性別不詳)と同居している。
つとむの同期。青森県出身。隣県のジョーとは大学時代からのライバルで、ねぶたと同居。靴フェチ。
影丸
つとむの後輩。三重県出身。伊賀忍者の末裔で、会社でも忍者の覆面をしている。いつでも伊勢海老をさばけるようにおりたたみ式のまな板と包丁を常備している。
なりかず
五郎商事総務部。岐阜県出身。実家は鵜匠。会社でも鵜を操り業務を行う。鵜がシンガポール支社に転勤になった際は、代わりにスズメを操っていた。
五郎社長
五郎商事社長。北海道出身。入り婿して数十年経っても北海道気分が抜けず「ラベンダー」「キタキツネ」など、北海道の名物で会話する。京都の文化、特に舞妓さんに憧れている。
五郎ジュニア副社長
五郎社長の息子。東京都出身。若いが父親より貫禄がある。最終話では社長に就任。
先代五郎会長
五郎社長の舅(社長は婿養子)。かつてイサム本部長にワンマンぶりを諌められたことを根に持ち、物語終盤にイサム本部長をぷりぷり支社に左遷する。
フク子
社長秘書。福岡県出身。普段はスリムな美女だが、帰省すると雑煮や博多ラーメンを食べて20kg太る。
サヌ夫
フク子の婚約者。香川県出身。普段はガリガリに痩せているが正月は餡餅入り雑煮を食べて30kg太る。
ミキ
五郎商事の掃除のおばさん。エジプト政府にも顔が利いたり謎の多い人物。ぷりぷり県が舞台の怪獣映画「ツルラ」のファン。
ヒバゴン
広島県出身のUMA(未確認生物)。五郎商事の新事業の一環として秘密裏に捕獲された。毛はエステで脱毛。つとむが面倒を見る事になる。
仏造
つとむと同じアパートに住む大学生。奈良県出身。東大寺の大仏そっくりの顔をしている若者。つとむと、実家から送ってくる変なもの勝負で『茶がゆ』などで勝ち、つとむに「僕をシカとして扱え」という命令を出した。尊い顔をしているが下品なジョークを言う一面もある。
幼次郎
つとむの父。ぷりぷり県伝統の職業「腹出し師」。つとむに潜在的な腹出し師の才能がある事を見抜き、後を継がせようとする。
マリ
つとむの母。弟のマリ男は20数年間成人式を拒み続け、未成年のままだった。
勘三
つとむの祖父。元・川漁師で、ウツボカズラの一種である「ぬ」を使って鮎を捕る「ぬ飼い」だった。最終話では故人。
劣也
つとむの弟。黒目が描かれておらず表情が読めないが、女性に振られたりひどい目に会う事が多い。最終話では体格が逞しくなり、ぷりぷり県伝統の漁師「川男」となっている。
加代
つとむの妹。東京に憧れている。美少女だが、毒舌な上に態度がコロコロ変わる。祖母似。
力男
つとむの兄。ぷりぷり気球運送に勤める。
功子
つとむの姉。元レディース。夫・でっち(大阪府出身)は度々食い倒れの放浪に出る甲斐性無し。
読みたい!ベスト10!

伝染るんです。が、好きなんです。