エシレバターのバターご飯が本当に美味しかった

エシレバターのバターご飯が本当に美味しかった

Twitterで、少し前に、エシレバターという高級バターでつくるバターご飯がトレンド入りしてまして、心に強く残っていました。

どうやら、仰天ニュースで指原さんが紹介していたみたいですね。

それ以前にも、マツコの知らない世界でもバター特集をした時に、エシレバターが紹介されていたそう。

 

エシレバターとは、フランスのエシレ村で作られているバターのみが名乗ることが出来るブランド名。
バターに使える牛乳は、工房から30km以内と限り、牛の育成にも細かな約束事があり、製造工程もこだわり抜いて作られているのだそう。
参考:https://www.kataoka.com/echire/

うーん調べれば調べるほど食べてみたい!
そしてとうとう、気持ちを抑えきれずに買ってきました。笑

成城石井で購入

エシレバターはネットでも買えますが、すぐに食べたかった僕は成城石井で買ってきました。

 

50gで税抜き480円とお高いです。

50gって、手のひらにチョンと乗る程度。
陳列棚に見つけた瞬間、「ちっさ!」そして「高っ!」と言いそうになりました。笑

 

 

有塩と無塩があって、僕は有塩を選択。

さすが成城石井さん、保冷剤をつけてくれました。

エシレバターのバターライスを食す

買ってきたならさっそく食べましょう。

バターを開封し、ご飯に乗せ、醤油をタラっと、少し垂らします。

変なアレンジはいらないです。

 

バターの味をそのまま味わいたいですから。

 

まぜて…

これは…うまいっ!!

 

エシレバターは、代々伝わる乳酸菌を大事に使い、昔ながらの製法で作られているバターです。

なので、癖があるんじゃないかと心配していたのですが…。

 

確かに、かなり良い風味はするけど雑味はありません。

クリーミーで甘みがあって、芳醇という言葉がぴったりです。

 

 

ほんと、美味しい!!

バターご飯のために作られたバターなんじゃないか?と思えるくらい醤油とあいます。

 

大げさや比喩ではなく、食べてる間、自然と目を閉じて噛み締めてしまいました。
(ほんと、それくらい美味しかった。)笑

 

そして、食べ終わって歯を磨いて、一休みしてこのブログを書いているわけですが、舌の奥に旨みが残っている気がするんです。

唾液がまだ出続けています。w

 

舌の両脇がキュッとなる感じ。

食べ終わっても、まだ美味しいっ…!

 

ほんと、テレビで紹介されるだけあります。

 

みなさんも、この後味に注目して食べてみてください。笑

 

 

ちなみにですが、50g入りの半分で米1合とちょうど良い分量です。

米は、粒がパラパラで旨みと甘みが強い「ゆめぴりか」を選びました。

 

これも、バターと合っていて選んで正解!

Amazonの方が安かった…

リピートは100g×3にします