ポップルで「いいね!優待」が始まる。終わりのはじまりか

  • 2019.11.10
  • SNS
ポップルで「いいね!優待」が始まる。終わりのはじまりか

1いいね!=1円となる写真投稿アプリポップル(popple)でいいね!優待という新制度がはじまりました。

利用者には嬉しいことずくめの新制度なんですが、かなりヤバい制度だなと思ったので記事にしました。

いいね!優待とは

優待内容

・月末時点で優待対象ユーザーには、毎月500いいね!をプレゼント
・優待対象ユーザーは1日に出来るいいね!数が30→35にアップ

優待対象者

換金出来るいいね!を5,000以上保有しているユーザー

 

つまり、いいね!を換金しないで保持している人には、さらにポイントをあげちゃいますよー!という制度。

1日にできる「いいね!」が30じゃ足りないという声が多かったですから、5増えるだけでも大分ありがたいのですし、さらには毎月500円分貰えるだなんて太っ腹。

でも、これ相当まずくないですか?

公式詳細 poplleblogお知らせ優待について 

運営が得られるメリット

ポップルは、広告収入の1部を1いいね=1円としてユーザーに還元するシステムです。

では、今回の優待によって運営にどのようなメリットが得られるのかというと主に以下の2つだと思う。

1.ユーザーが離れてしまうのを避ける

「毎月、500円分貰えるなら続けてみよう!」、「いいね!が増えるならたっぷり使えるね!」と、ユーザーがログインしなくなってしまうのを抑えるメリットがあります。

2.いいね!を貯めさせることで支払いを遅らせる

いいね!をお金に変える時はまとめて出金することしか出来ません。
優待条件に当てはまるように5000円分残すという事は出来ないんです。
なので、優待を受け続けるにはいいね!を換金せずに貯め続けなければならならず、ポップル運営は一時的に支払いを先送りできるメリットがあります。

運営のメリットは小さい

まず、メリット1つ目の、ユーザーの繋ぎとめですが、ほとんど効果がないと思います。

5000いいね!貯められるような熱心なユーザーは、貰えるいいね!が増えなくても続けるだろうと。

 

じゃあ、得られるメリットは何かというと、支払いの先延ばしが理由の大半でしょう。

でも、言ってしまえば払うお金を増やすから、支払いを送らせるってかなりまずい状況。

 

単純にポップル運営は、5000いいね!以上持っているユーザー1人につき、最低でも500円+5円×30+受け取り側5円 ×30=800円分の負担増になります。

僕のような、おすすめには載れないユーザーは、大体1ヶ月で2000いいね!が貯まるのですが、計算すると820円ほど毎月貯まるいいね!が増えることになります。支出41%アップのようなもの。

払う額をドカッと増やすから、支払いは待って!と言われているのと変わりません。

資金繰りがかなり苦しいと思われる

この優待は、痛みを払って出金を遅らせているに過ぎません。

広告費で運営している以上、広告収入を増やすために、ユーザーの獲得が第一です。

 

負担を増やすのであれば、Twitterリツイートキャンペーンによる宣伝や、新規登録者には500円分ポイントプレゼントのような広告を出すお金の使い方が正しい投資です。

この優待では、新規ユーザーの獲得には繋がりません。

ポップルってまだ全然認知されていないサービスだから、宣伝効果も高いと思うんだけどな。

 

そして、勘のいい人なら、運営の状況にすぐに気付くはず。

 

この優待を発表することは、資金繰りの悪さが明るみとなり取り付け騒ぎに発展するリスクも想定していたと思うんです。

それでも、やらざるおえなかった。

最近では、支払いを送らせるアナウンスがあったばかりですし、余裕があるからユーザーに還元しているとは考えられないです。

これは、そうとう切羽詰まった状況なんじゃないかな。

建て直しを出来なければもうお終い

今回の優待は、言わば毒を飲んで一時的に楽になる措置に過ぎません。

この間に、スポンサーの獲得(前のテレ東など)や、広告表示の見直しが出来なければもうお終いかと。

 

そもそも、広告を全く見ないで使えるほど広告が少なすぎます。

ユーザーの使いやすさを考えてくれているのは嬉しいんだけど。

投稿ジャンルの間に帯広告を載せたり、たまに小さい広告を差し込んだりしてもいいんじゃないかな。

僕が考える今後起こりうること

・規約の見直し
・換金が厳しくなる
・サービス終了
・広告が多く出るようになり何とか続ける

今までも同じ画像の連投や、アニメのキャプチャーなど著作権物の投稿は規約違反で換金できませんでした。

ですが、1部スクショなどは見逃されている事もあったよう。

 

資金繰りが悪いのであれば、なるべく換金を減らしたいはず。

ポップル内のスクショに、一言落書きを加えただけのような投稿なども換金してくれなくなるんじゃないかなと思っています。

 

 

 

そもそも、ポップル内に溢れているお小遣い目的でしかないスクショ連投勢は、ポップルが想定していた使われ方ではないはず。

ポップルは、第二のインスタになりたかったのだと思うのですが、お金がもらえるという付加価値が逆に投稿写真の質の低下をもたらすことになろうとは。

 

 

それにともない、より規約も厳しく変わるんじゃないかなと思っていたり。

 

もう1つの未来として、割と早いうちにサービスが終わるんじゃないかと思っています。

もうね。この利子の高さは末期に見えます。

筆者は5000いいね!溜まっていましたが、チキンレースをするつもりはないので、この知らせをうけ出金申請を出しました。

はたして、この申請も間に合うのか?とすら思っています。

 

インスタが使えない方の代替にもなるいいアプリなので、筆者の感じた危機感は気のせいであってくれるといいのですが…。

 

12/4追加記事

「ポップルが換金停止!再開する予定はあるのか?」